進捗どうですか

進捗の足跡

第9回情報処理選手権で5位を獲得した


2017/8/1にオンライン上で行われた情報処理選手権に参加した。

johoshori-senshuken.net

ITパスポート試験基本情報技術者試験相当の問題の正答数を競う大会である。

参加動機

友人から情報処理の面白い大会があると誘われる。優勝すると賞金2万円がもらえるとのことだった。

チーム名を決める

団体部門ではチーム名が必要である。
なお、団体部門に申し込みを行うと個人部門にも自動的にエントリーされる。

たいていのチームは学校名や部活名を使っていたのだが...

このざまである。
(検閲により削除)は顧問の先生の許可を得られなかったので、『  』で出場する。
なお、『  』は、小説「ノーゲーム・ノーライフ」(榎宮祐 著)の主人公の兄妹であり、作中では最強のビデオゲームプレーヤとされている。

対策

閑話休題
本番の問題はITパスポート試験基本情報技術者試験から出題されるということで、当該試験の教本を読んだり、過去問道場を利用した。
過去問道場では試験5回分くらいの基本情報技術者試験の過去問を解いた。
基本情報技術者過去問道場|基本情報技術者試験.com
また、チーム内で教えあいもした。
運営から配布された対策問題では、前日に80%程度の正答率であった。微妙なラインである。
申し込みが遅かったので、十分な対策ができたかといえば微妙であった。

本番当日

一時間前に先生から招集がかかり、説明や大会が行われるサーバーにアクセスできることを確認した。
その後、開始時刻まで、なぜか「天体のメソッド」の第一話の上映会が行われた。

本番

時間のかかりそうな計算問題やわからない問題を後回しにして、一通り問題を解き、後から残した問題を解きなおす。
10分程度時間を残して完了することができた。同点の場合、回答完了時刻の早い順に順位がつくので、問題を解く速度も大事である。
実際の基本情報技術者試験よりも、マネジメント・ストラテジ系の問題が多いように感じた。(気のせいかもしれない)

結果

個人部門は80点中74点で5位、団体部門は400点中303点で10位であった。

感想

予想外の出来だった。終了時に74点と表示されたときはびっくりした。
『  』を最強だけに1位にできなっかたのは少し残念であった。
申し込みをもっと早く行えば、余裕をもって対策ができたかもしれない。
来年こそは、後輩たちの力で『  』を一位にしていただきたい。